2017年10月20日金曜日

エスパシオ 全国障害者スポーツ大会

ひだクリニックイケアるえかに所属する、フットサルチーム「espaioエスパシオ」の強さはこのそらむぎでも何度もお伝えしてきました。そして、今月愛媛国体の「全国障害者スポーツ大会」に出場することになりました。

現在、愛媛国体が9月3日~10月10日
までの日程で開催されております。その後10月28日~10月30日まで「全国障害者スポーツ大会」いわば国体のパラリンピック
版が開催されます。

2020年には、東京オリンピックが開催され、オリンピックと並んで、パラリンピックという障害者スポーツ部門のニュースもよく報道されるようになってきました。

しかし、障害者スポーツの中でも精神障害者の出場できる枠はほとんどありません。
そんな中で愛媛国体の全国障害者スポーツ大会のオープン競技として、「フットサルの全国大会」が開催されます。
北海道から九州までの全10チームが出場。関東からは優勝、準優勝の2チームのみが出場できます。

我らがエスパシオチームは昨年開催された、フットサルのワールドカップともいわれる世界大会の日本代表選手として多くの選手が出場したのは、記憶に新しいと思います。
大角監督によると、多くの選手が通常の勤務をしており、仕事の傍ら夜間、休日の練習に駆けつけます。ほぼ毎週日曜日は、各地の大会に出場しているそうです。仕事もきちんとこなし、多いときは週4日、大会や夜間21時まで練習し、そのほかに自主練をしたり、個人的に大会に出たりと、各人が自らを高めているとのこと。

強さの秘密は、はやり日々の努力と練習なのでしょうね。また、ピッチ以外でも日本障害者スポーツ連盟(JIF)の日本フットボール協会の集まりに積極的に参加し、交流したり、普及啓発に努めており、まさに日本のフットサルを背負って活動をしている点もたのもしい限りです。
このように選手が活躍できるのは、柏レイソル野田のコーチの指導、そしてなによりメンバー家族の温かい応援があってこそだと大角監督は、感謝されておりました。
選手の皆さんの活躍を応援しています。また、結果は次号のそらむぎでご報告いたします。みなさんも応援してくださいね。

ブログ紹介

流山市, 千葉県, Japan
千葉県流山市にある医療法人です。ひだクリニック、ひだクリニックセントラルパーク、訪問看護ステーションスピカなどを運営しております。